ブログトップ

素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターのブログ

ty37598.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

恒例M-1大予想!!

e0024719_442363.gif紅春がつっこむシリーズ

SPEEDが48人でAKBになれる。

++++++++++++++++++++++
さーて、やってまいりました恒例のM-1予想です。
今年で最後となる歴史に残る戦いが演じられることでしょう。

で、今回の最終回は丁度良いタイミングだと思いますね。
そもそも、お笑いブームがバブっていた感があったし、
今後これをダラダラ続けていると漫才コンクール的な感じも出て
紅白みたく、だんだん"出来レース"っぽくもなるだろうから
参加者・視聴者ともども価値が出てこなくなるでしょう。

10人のチャンピオンということで、10人だけに与えられた
特別な称号という意味でも彼らも誇りに感じるでしょうし
M-1自体がとても尊いものになると思います。

思い起こせば中川家の貫禄初代チャンピオンに始まり、
2代目ますだおかだの悲願のリベンジ
3代目フットボールアワーのスピード優勝
4代目アンタッチャブルの勢い勝ち
5代目ブラックマヨネーズの作戦勝ち
6代目チュートリアルの逆襲
7代目サンドウィッチマンの大逆転勝利
8代目ノンスタイル涙の優勝
9代目パンクブーブーの意外性勝利

どれも色々なドラマを生んでくれました。
4分という時間に見てる側にも伝わる緊張感。
彼らの心臓の鼓動がこっちにまで聞こえてきそうです。

てなことで、大予想。
今年は取りにいきまっせ~

てなことで、少し"競輪バリ"の裏読みをふんだんに入れます。

今回は最終回という事もあり
吉本勢に分があると見ました!

これを軸に考えるとやっぱ優勝は笑い飯。
M-1の申し子みたいな存在だし、
審査員の思い入れがかなりあるとみました。
去年の僕の中でのNO1でもあるので、是非悲願達成してほしいですね。

準優勝はピース。

これは単に好みと、吉本という理由。

3位は敗者復活かナイツか迷うところですが
ここはナイツで!

当日の緊張をいかに処理するかもポイントになるでしょうから
そこは塙の“場馴れ”に注目しましょう。

他に銀シャリやカナリアもいますが、知らないので
彼らを研究すべくビデオを見るのもアレなんでパスするしかありません。
ハライチも良いとこまでいくでしょうが、ナンセ去年の悪態があるので
審査員の印象は最悪でしょう。。。

ジャルジャルは少し違うものを常に見せようとする姿勢は良くわかるのですが
もう少しストライクを狙わないと、ダメでしょうね。
ちょっとボール臭いストライクじゃないと結局はマニア受けという判定を下されます。
もっと言えば「なんかやってるけど、結局おもんない」ってことに。

さて、結果は以下に!?

【このお話の登場人物は・・・】


奴を切って手に入れるほどのものなのか?
[PR]
by ty37598 | 2010-12-22 04:42

薪ストーブでPIZZA焼きました♪~画像あり~

e0024719_629651.jpg似てなさそうで似てるシリーズ

石川遼と














小泉進次郎

いや、結構似てるんだって!これが。
遼が進次郎に似てきたって言う方が正しいかな。

++++++++++++++++++++++
しわすでごわす。

いやーイッチョマエに少し慌ただしくしておりまして
1週間さぼってもーたトです(+o+)

まさに、師も走る(誰が師やねん)

だんだん寒くなり我が家の薪ズトーブ“アンコールのアンちゃん”も大活躍です
4シーズン目にでもなるとさすがに慣れてきまして
最近では火の調節も、何時間後にこれくらいの室温にしたいなと考えれば
逆算してだいたいその近辺の温度になるようにはなりました。

で、恒例のPIZZA焼き。

たまに(ホントたまに^_^;)薪窯PIZZA屋さんで食べるときに
その窯をみると、結構火が出てたりするし
僕も料理的にみて(わかってんのかぃぃぃ)あんまりダラダラ焼くのは
よくないよーに思ってたんで
今回は少し火も出ている若干強めで焼いてみましたトコロ

ぐ~

Pointはなるべく火から遠いところにPIZZA置くということですね
これだと結構早く焼けるので家族のみんなにもあまり待たせずに
次から次へといけます。

パーティーで大勢来てもこれなら結構良いペースなんぢゃないかと。

動画はずうううっと焼けるのを撮っていてもしょーがないので
料理番組風に最初と最後をお見せしますね



後篇は別のPIZZAで撮り直ししてます



【このお話の登場人物は・・・】


いっそのこと全てのウミを出してしまえ~
[PR]
by ty37598 | 2010-12-15 06:29

自立循環型住宅研究会全国フォーラムに行って来ました

上野なうデス。

12月2日、自立循環型住宅研究会の全国フォーラムに行って来ました。
これは同研究会会員が自社の施工及び設計物件の温度湿度その他
色んなデータを取って分析し参加会員で色々検討しあうというもので
優勝、準優勝、審査員特別賞というものが参加者の投票で決まります

もちろん、賞を取るためのフォーラムではなく
それぞれが自社の建築のレベルアップの為に情報共有するもので
今回のエントリー社は10社で皆さんそれはそれは大変な努力をされて
発表資料をつくり、プレゼンされていました。

僕は聞いているだけでしたが皆さんホンントに真面目だなと思いましたし
こういう方に家をつくってもらえるお施主様はホントに幸せだろうなと^^

みなさん、こういう素材とこういう工法をすればどうなる?
という仮説を立てながら思い通りになった、ならなかった
ならなかったのは何が原因か?
もっと効果を発揮できる方法はあるのか?
ナドナド色んな意見を出し合うのです。

それを聞いて今後の物件の為の貴重な知識として蓄積されるんですね

いま、この住宅業界で一体どれだけの会社がこういう
真面目な取り組みをやってるのかと思えば
皆さんには申し訳ないくらいやってないのが現状なんですよね(^^ゞ

だからこそ、こういう研究会やそれを実践している会社は尊い存在なんです。

また、この研究会の主催者の野池政宏さんの知識と哲学が
参加メンバーに素晴らしく良い影響を与えているんです。

またまた、今回の特別審査員は南雄三さんという
プロならこの人を知らないのはモグリというくらいの方が
「この研究会は素晴らしい!!」と絶賛してくれました。

勉強ばかりではダメで
それを自分なりに咀嚼して実践して住まいのあり方の答えを出さなくては
ならないのです。

是非こういう地道な真面目な努力をされている人々がた~くさんいる
ということを知って下さいませませ。

【このお話の登場人物は・・・】


とにかく我慢だぜ。
[PR]
by ty37598 | 2010-12-03 06:19